contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『複雑さに挑む社会心理学――適応エージェントとしての人間[改訂版]』(亀田達也, 村田光二 有斐閣アルマ 2010//2000)

著者:亀田 達也[かめだ・たつや](1960-) 意思決定科学、社会心理学、行動生態学
著者:村田 光二[むらた・こうじ] 社会心理学
シリーズ:有斐閣アルマ;Specialized


複雑さに挑む社会心理学改訂版 | 有斐閣


【目次】
改訂版はしがき(2010年8月 亀田達也・村田光二) [i-ii]
初版はしがき(1999年11月 亀田達也・村田光二) [iii-iv]
著者紹介 [v]
本書の使い方 [vi]
目次 [vii-xi]


序章 「人間の社会性」をどう捉えるか?――適応論的アプローチ 001
1 はじめに 002
  社会的動物 (2)
  社会心理学の視座?(3)
  本書のアプローチ(4)

2 適応する人間像 005
  適応とは?(5)
  発見的道具 (6)
  キノコ喰いロボット (8)

3 人間にとっての適応環境とは? 009
  相互依存と社会性(9)
  群れ生活と脳の進化(11)

4 マイクロ - マクロ関係 014
  社会規範の起源(14)
  集団錯誤(16)
  キノコ喰いロボットのジレンマ (18)
  マイクローマクロ・システム(20)


  第1部 集団生活と適応

Part1 preview 026
  集団の根本的重要性(27)


第1章 社会的影響過程――集団内行動の文法を探る 031
1 他者の物理的な存在 032
  社会的促進現象(32)
  ザイアンスによる解釈(33)

2 規範的影響と情報的影響 035
  集団の斉一性と同調(36)
  規範にもとづく影響(38)
  賞間の実行コスト(40)
  情報にもとづく影響(43)
  シェリフによるデモンストレーション(43)

3 社会的影響のマクロ的帰結 045
  社会的感受性の個人差(46)
  シマウマの群れのメタファー(46)
  社会現象の拡大・収束を決めるもの(49)

4 多数派と少数派 049
  少数派による影響過程(50)
  質的な差異(51)
  量的な差異(52)
  社会的インパクト理論を用いたシミュレーション(54)
  マクロ現象の発生:斉一化と住み分け(56)


第2章 社会的交換――集団における適応 061

1「協力的なグループ」の普遍性 062

2 2つの適応概念――再び「適応」の定義をめぐって 063
  心理・情緒的な適応 (64)
  道具的な適応(66)

3 相互依存と社会的交換 068
  社会的交換(68)
  相互依存状況をどう捉えるか:ゲームによる表現(69)
  囚人のジレンマ (70)
  なぜ協力するのか? (72)

4 互恵性――"情けは人のためならず 074
  囚人のジレンマ実験(74)
  オタク研究からの脱出(76)
  アクセルロッドのコンピュータ・トーナメント(77)
  互恵的利他主義の“進化”(79)
  ギプ・アンド・テイクの規範 (82)

5 社会的ジレンマ―― 2者関係を超えて 083
  共有地の悲劇(83)
  社会的ジレンマ (84)
  援助行動の不思議 (86)
  一般交換の謎 (88)
  社会規範と2次のジレンマ(90)

6 内集団と外集団――ウチとソトを分けるもの 093
  シェリフの古典的研究(94)
  集団間協力の可能性(96)


第3章 グループとしての協調行為――集団を媒介とする適応 101
1「グループとしての協調」の普遍性 102
  人類学の知見(102)

2 グループの効率性 105
  三人寄れば文殊の知恵? (106)
  基準モデル(107)
  期待と実際との落差(109)
  プロセスの損失はなぜ起こるか(111)
グループの非効率をどう評価するか(113)

3 グループの意思決定 115
  グループの決定過程(115)
  集団は極端になりやすい(117)
  集団決定は操作できる(121)

4 グループにおける情報処理 124
  情報の共有化(125)
  情報サンプリングモデルの予測(127)
  隠れたプロフィール問題と適応(130)


第4章 社会環境と適応行動――“文化”の生成 135
1 固定社会を超えて 136
  イタリア社会の分析(137)

2 信頼の解き放ち理論 139
  安心の日本,信頼のアメリカ(139)
  信頼の「解き放ち」機能

3名誉の文化 144
  タフさ”の強調(145)
  「名誉の文化」はどこから生まれるのか?(146)
  南部における「言い争い」殺人(149)

4 心と文化の相互構成 151
  文化心理学(152)
  相互独立的自己観と相互協調的自己観(154)
  もう一度「適応」の概念をめぐって (156)


  第2部 適応を支える認知 

Part2 preview 162
  適応的認知システム(163)


第5章 社会的認知のメカニズム――進化論的視点 167
1 野生環境への適応と感情 168
  感情のパラドックス(168)
  「恐れ」の適応的価値(169)
  「怒り」と社会環境(171)
  互恵的利他主義を支える感情(173)

2 社会的知能の進化 175
  社会脳仮説(175)
  マキャヴェリ的知性 (176)
  言語の社会的起源(179)
  適応問題の解決と多元的知能(181)

3 対人認知の特質184
  person perception と対人認知(185)
  印象形成とネガティビティ・バイアス(186)
  期待効果と既有知識(189)
  原因帰属と期待効果(191)

4 社会的認知のプロセス 193
  自動的な特性推論のモデル(193)
  自動的な情報処理(196)
  気分の判断への影響(197)


第6章 集団間認知とステレオタイプ――ステレオタイプ化の過程 203
1 外集団差別と内集団びいき 204
  ジェノサイド(204)
  先史時代の内集団と外集団(206)
  最小条件集団と外集団差別(208)
  カテゴリー化の効果(210)
  社会的アイデンティティ理論による説明(212)
  社会的アイデンティティが高まるとき(214)

2 外集団認知とステレオタイプ  216
  外集団同質性効果(216)
  ステレオタイプ(218)
  ステレオタイプの内容と社会システムの維持(220)
  ステレオタイプの形成(224)
  ステレオタイプの変化(226)

3ステレオタイプ化 229
  「統合失調症患者」の診断(229)
  ステレオタイプ化(230)
  ステレオタイプ化の自動性(232)
  ステレオタイプの意識的コントロール(234)


終章 統合的な社会心理学に向けて――試論または私論 239

1 社会心理学とメタ理論 240
  トピック中心の社会心理学?(240)
  社会心理学の多様性?(241)

2 メタ理論の重要性 244
  一貫性の不在(244)
  メタ理論としての適応論(246)
  統合的な社会心理学に向けて(248)


文献一覧 [251-266]
事項索引 [267-271]
人名索引 [272-274]