contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『増補 試験の社会史――近代日本の試験・教育・社会』(天野郁夫 平凡社ライブラリー 2007//1983)

著者:天野 郁夫[あまの・いくお](1936-) 教育社会学
解説:園田 英弘[そのだ・ひでひろ](1947-2007) 日本社会史、比較社会学
NDC:371.3 教育社会学.教育と文化


増補試験の社会史 - 平凡社


【目次】
まえがき [005-009]
目次 [010-015]


1 近代化と試験の時代 017
1 試験ことはじめ 017
  モルレーの演説
  試験の時代
  競争の制度化
2 一九世紀ヨーロッパの試験 031
  官僚試験とアビツーア
  入学試験とコンクール
  競争試験の社会
  試験制度の「理念型」
注 045


2 試験と選抜の伝統 049
1 前近代社会の試験 049
  貢挙の制
  昌平黌と学問吟味
  等級制と試験
  漢学の教育方法
2 塾・試験・競争 063
  咸宜園の教育
  イエズス会のコレージュ
  適塾の競争制度
  近代日本への遺産
注 077


3 教育と試験の制度化 081
1 復古と近代化の間 081
  人材選抜の構想
  「進士及第ノ法」
  復古主義近代主義
  貢進生制度
  大木喬任と西欧化
2 「学制」と試験制度 096
  競争と闘争
  「学制」の試験規定
  等級制
  試験と競争の制度化
注 109


4 小学校から中学校へ 113
1 小学校と試験 113
  小学校の試験規則
  試験の実態
  「比較試験」
  試験の役割
2 中学校と試験 127
  中学校の発足
  中学校の試験制度
  入学試験
  進学と試験
  予備校の出現
注 141


5 高等教育と試験制度 145
1 外国語と予備教育 145
  大学南校から第一番中学へ
  英語学校の誕生
  大学予備門と試験
  予備教育の永続化
2 高等教育と試験 158
  司法省法学校
  工部大学校
  札幌農学校
  東京開成学校
  東京大学
注 172


6 資格試験制度の成立 176
1 資格試験と代言人 176
  職業資格と試験
  代言人の登場
  私立法律学校の出現
  立身出世の道
2 医師と教師 190
  医術開業試験の開始
  試験準備の教育
  小学校教員と検定試験
  中等教員と検定試験
注 203


7 官僚任用試験と学歴主義 207
1 官僚任用制度と試験 207
  官僚と学校出
  伊藤の“文官候生案”
  森有礼の教育改革
  官僚試験制度の成立
2 官僚制と学歴主義 221
  試験の実態
  制度の改革
  学歴主義化の波
  学歴主義の始まり
注 234


8 帝国大学への道 238
1 小学校と試験批判 238
  小学校の試験批判
  競争試験の廃止
  中学校への道
  卒業と中途退学
2 中学校から高等学校へ 251
  中学と高校の間
  学力による選抜
  無試験入学制
  井上の制度改革
  高等学校の入学試験
3 専門学校と試験 267
  専門学校の問題
  正系と傍系
  実業専門学校の試験
  私立専門学校
  私学と選抜試験
注 282


9 受験の世界―― 一九○○年前後 287
1 『遊学案内』と受験の世界 287
  『東京遊学案内』
  明治三五年の受験界
  試験と特典
  学歴と職業資格試験
  学力から学歴へ
2 試験群像 302
  受験の世界
  「苦学力行」
  帝国大学選科
  東京大学への道
  帝国大学への道
注 316


10 試験と上昇移動の道 320
1 士族から平民へ 320
  上昇移動への欲求
  士族出身の子弟
  平民の子弟
  地方から東京へ
  試験制度の定着
2 試験の二つの道 
  試験のメインロード
  さまざまなバイパス
  官僚と法曹
  医師と中等教員
3 入学試験の時代 
  モルレーの死
  卒業試験と入学試験
  入学試験の変質
  学歴と入試の時代
注 362


補論 試験の近代・テストの現代 365
注 382


あとがき(一九三八年夏 天野郁夫) [384-389]
平凡社ライブラリー版あとがき(二〇〇六年初冬 天野郁夫) [390-393]
解説――教育社会学者であるということ(園田英弘) [394-400]