contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠』(J. E. Stiglitz[著] 峯村利哉[訳] 徳間書店 2015//2015)

原題:The Great Divide: Unequal Societies and What We Can Do About Them
著者:Joseph Eugene Stiglitz(1943-) 公共経済学、情報の経済学。
訳者:峯村 利哉[みねむら・としや] (1965-) 翻訳家。
NDC:332.53 経済史・事情.経済体制
NDC:333.6 国際経済


世界に分断と対立を撒き散らす経済の罠 - 徳間書店


【目次】
目次 [003-009]


はじめに [011-023]
  アメリカは機会均等の国ではない
  経済的不平等に取り組みつづけて
  政府には市場に対する責任がある


Prelude ――亀裂の予兆 025
世界大不況と格差の深いつながり 026
ブッシュ氏の経済学の成績 052
資本家は欺く 067
ある殺人事件の考察――誰がアメリカ経済を殺したのか? 079
金融危機から脱出する方法 093


第1部 アメリカの“偽りの資本主義” 103
えせ資本主義から抜け出すために 104
一パーセントの一パーセントによる一パーセントのための政治 124
一パーセントの問題 133
低成長と不平等は政治決断の結果であり、わたしたちは別の道を選択できる 146
不平等のグローバル化 156
不平等は選択の結果 161
二一世紀の民主主義 167
偽りの資本主義 171


第2部 成長の黄金期をふり返る[個人的回想] 177
わたしには夢があった 178
キング師がわたしの研究に与えた影 181
アメリカの黄金時代という神話 187


第3部 巨大格差社会の深い闇 197
底辺から浮びあがれない暮らし 198
機会均等、アメリカの神話 205
学生ローンとアメリカンドリームの失墜 211
一部のための正義 219
残された解決策はひとつ――大規模な住宅ローン組み換え 223
不平等とアメリカの子供 227
エボラと不平等 231


第4部 アメリカを最悪の不平等国にしたもの 235
税金を払わないのは誰なのか? 236
富裕層のためのアメリカ型社会主義 241
九九パーセン肘に不利な税制 245
グローバル化は収益だけでなく税金にも影響をあたえる 254
ロムニー理論の誤謬 259


第5部 信頼の失われた社会 263
フェアプレー精神は衰退した 264
ディトロイト破綻からの間違った教訓 267
我ら誰も信じざる 276


第6部 繁栄を共有するための経済政策 285
誤ったグローバル化が人々を苦しめる 286
政策が巨大経済格差を形成するしくみ 301
ラリー・サマーズではなくジャネット・イエレンがFRBを率いるべき理由 305
常軌を逸したアメリカの食糧政策 312
グローバル化のマイナス面 320
自由貿易という言葉遊び 328
知的財産権が不平等を拡大するしくみ 332
特許を与えないインドの英断 340
極度の不平等を是正する―― 二〇一五‐二〇三〇年期の持続可能な開発目標 345
危機後の危機 356
不平等は必然ではない 360


第7部 世界は変えられる 367
成長する国々をめぐる旅 368
モーリシャスの奇跡 379
不平等なアメリカが学ぶべきシンガポールの教訓 383
日本を反面教師ではなく手本とすべし 391
中国の国家と市場のバランスを改革する 400
街へと導く光 409
地球の裏側から見るアメリカの幻影 405
スコットランドの独立 413


第8部 成長のための構造変革 417
“雇用なきイノベーション経済”を改革する 418
アメリカに本来の機能を取り戻させる方法 426
回復の足をひっぱる不平等 43
雇用〔ジョブ〕記 440
潤沢な時代の稀少 453
成長のための左傾化 457
イノベーションの謎 462


余波――すべての人に成功の基盤を 467


おわりに―― [468-469]

Q&A (《ヴァニティ・フェア》二〇一二年六月五日号) [470-478]
  上位一パーセントが革新をもたらしているという誤った認識と、レーガン政権がアメリカの不平等拡大の転機となった理由について、ジョセフ・スティグリッツが答える