contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『自由民権運動――〈デモクラシー〉の夢と挫折』(松沢裕作 岩波新書 2016)

著者:松沢裕作(1976-)

【目次】
はじめに [i-v]
目次 [vii-xi]

第一章 戊辰戦後デモクラシー 001
一 戦場での出会い 003
  二人の人物
  慶応四年・三春藩
二 それぞれの戊辰戦後 008
  河野広中の藩政改革運動
  板垣退助の凱旋
  家格への執着
  「人民平均」
三 暴力の担い手たち 017
  「破落戸」の軍隊
  尾張藩草莽隊
四 近世身分制社会とその解体 024
  身分制社会とはなにか
  やぶれた「袋」
  改革の時代
  征韓論政変
  板垣の危機感
  戊辰戦後デモクラシー

第二章 建白と結社 037
一 民撰議院設立建白書の衝撃 039
  民撰議院設立建白書の提出
  民撰議院論争
  自由民権運動の出発
二 わりこむ運動 049
  結社という「袋」
  士族の結社――立志社
  河野広中と結社
  区長、戸長たちと結社―― 七名社
  愛国社の設立
  大阪会議と通諭書事件
  西南戦争と「わりこむ運動」の挫折

第三章 「私立国会」への道 071
一 ひろがる結社 073
  愛国社の再興
  筑前共愛会
  蚕糸業と結社――群馬
  村と結社――越前
  都市知識人の結社――交詢社
  演説会と新聞の結社――嚶鳴社
  演説会
  擊剣会
  「参加=解放」型幻想――愛国交親社
  新しい社会の模索
二 国会開設運動から私立国会へ 100
  国会開設請願をめぐる対立
  国会期成同盟第一回大会
  集会条例
  国会開設願望書の受付拒否
  「私立国会」か請願か
  二つの対立軸
  政党結成をめぐる対立
  政党結成へ
  私擬憲法
  植木枝盛憲法
  大日本帝国憲法との相違点
  宙に浮く私立国会と私擬憲法

第四章 与えられた舞台 129
一 転機としての明治一四年 131
  明治一四年の政変
  政府内の憲法構想
  開拓使官有物払下げ問題
  自由党の結成
二 府県会という舞台 199
  地方三新法
  土佐州会
  立憲改進党と府県会
三 福島事件 146
  福島事件とは
  県会の開会
  議案毎号否決
  会津三方道路
  喜多方事件
  福島自由党の動向
  事件の構図
四 迷走する自由党 103
  板垣洋行問題
  偽党撲滅

第五章 暴力のゆくえ 169
一 激化事件 171
  武装蜂起に向かう民権家たち
  秋田事件
  「参加=解放」型幻想と私立国会論の共鳴
  急進的活動家たちの登場
  加波山事件
  民権家と博徒
二 自由党の解党 187
  一〇万円募金計画
  「武」を否定できない党指導部解党へ
三 秩父事件 192
  発端
  蜂起
  鎮圧
  負債農民騒擾としての秩父事件
  「天朝様」への敵対

終章 自由民権運動の終焉 203
  自分たちの手で
  朝鮮へ
  星亨
  憲法を待ちつづけて

おわりに(二〇一六年五月 松沢裕作) [215-217]
文献解題 [219-232]