contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『日本精神史研究』(和辻哲郎 岩波文庫 1992//1926)

著者:和辻 哲郎
解説:加藤 周一

日本精神史研究 (岩波文庫)

日本精神史研究 (岩波文庫)

【目次】
改訂版序 (昭和十五年二月 著者) [005]
序言 (大正十五年九月 於洛東若王子 著者) [007-009]
目次 [011-013]
挿画目次 (撮影 入江泰吉 他) [014]


飛鳥寧楽時代の政治的理想 015

推古時代に於ける仏教受容の仕方について 045

仏像の相好についての一考察 055

推古天平美術の様式 087

白鳳天平の彫刻と『万葉』の短歌 107

万葉集』の歌と『古今集』の歌との相違について 125

お伽噺としての『竹取物語』 145

『枕草紙』について 161
  一 『枕草紙』の原典批評についての提案 161
  二 『枕草紙』について 186

源氏物語』について 203

もののあはれ」について  221

沙門道元 237
  一 序言 237
  二 道元の修業時代 251
  三 説法開始 264
  四 修行の方法と目的 273
  五 親鸞の慈悲と道元の慈悲 285
  六 道徳への関心 300
  七 社会問題との関係 307
  八 芸術への非難 311
  九 道元の真理 314
   (イ)礼拝得随 315
   (ロ)仏性 324
   (ハ)道得 339
   (ニ)葛藤 350

歌舞伎劇についての一考察  357


解説 作品・方法・感受性および時代(加藤周一) [391-401]
編集付記 [402]