contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『〈役割語〉小辞典』(金水敏[編] 研究社 2014)

編者:金水 敏[きんすい・さとし](1956-) 
著者:岩田 美穂[いわた・みほ](1980-) 日本語史 (文法史)。
著者:大田垣 仁[おおたがき・さとし](1980-) 日本語学 (換喩を中心とした名詞句意味論)。
著者:岡崎 友子[おかざき・ともこ](1967-) 日本語史。
著者:廣坂 直子[ひろさか・なおこ](1971-) 日本語史 (文法の変化・訓点)。
著者:藤本 真理子[ふじもと・まりこ](1983-) 日本語史。
著者:依田 恵美[よだ・めぐみ](1976-) 日本語史。
装丁・レイアウト:金子 泰明[かねこ・やすあき]
カバーイラスト:理事長の娘・一の宮蕗子〔いちのみや・ふきこ〕(池田理代子おにいさまへ…』(中央公論新社)第一巻、71頁)
件名:日本語--位相
NDLC:KF115 
NDC:814.9 日本語 >> 日本語--語彙 >> 隠語.俗語.階級語.女房詞.遊里語


研究社 - 書籍紹介 - 〈役割語〉小辞典



 以下の目次では辞典部分での見出しを、「見出し語(現代仮名遣い)/見出し語(漢字+仮名または原語)/[品詞]/〈役割語名〉」という順に並べてある。ただし二つ目の「見出し語(漢字+仮名)」のみ、省略することもある。
 「品詞」の分類については、この辞典(巻頭の凡例で説明されている通り)学校文法の品詞が用いられているため、それにしたがった。
 「役割語名」はひとつの見出しに対して複数個付加されることもある。また、巻末の役割語名索引が「役割語名」の一覧となっている。「役割語名」の分類は巻頭の「役割語とは何か――この辞典を利用する前に」を参照。
 見出し語と執筆者の対応は、【目次】に盛り込むのではなく【メモランダム】の方に回した。


【目次】
はしがき [i-iii]
目次 [iv]
役割語とは何か――この辞典を利用する前に [v-xv]
  役割語の定義
  ステレオタイプとフィクション
  役割語の分類
    性差
    年齢・世代
    職業・階層
    地域
    人間以外
  役割語の歴史的な形成過程
  用例の示し方
  こんな方にお勧めします
凡例 [xvi-xvii]
  見出し
  本文
  付録
一覧 [xviii-xx]


役割語〉小辞典
あ行 001
  あかん  明かん  [連語]  〈大阪弁・関西弁〉
  あそばす  遊ばす  [動詞]  〈奥様ことば〉
  あたい    [代名詞]  〈女ことば〉〈スケバン語〉
  あたくし  私  [代名詞]  →「わたくし」
  あたし    [代名詞]  〈女ことば〉〈おばあさん語〉〈江戸ことば〉〈下町ことば〉
  あっし  私  [代名詞]  〈江戸ことば〉〈やくざ〉
  あほ  阿呆  [名詞]  〈大阪弁・関西弁〉
  あら  [感動詞]  〈女ことば〉〈おネエことば〉〈お嬢様ことば〉
  あります  有ります・在ります  [動詞]  〈アリマスことば〉 〈片言〉
  ありんす  有りんす  [連語]  〈遊女ことば〉
  ある  有る・在る[動詞]  〈アルヨことば〉
  あんた  貴方  [代名詞]  〈大阪弁・関西弁〉〈女ことば〉〈若者ことば〉
  いたす  致す  [動詞]  〈武士ことば〉
  うち  内  [代名詞]  〈大阪弁・関西弁〉〈ギャル語〉
  うらめしや  恨めしや・怨めしや  [連語]  〈幽霊ことば〉 
  えらい  偉い  [形容詞・副詞]  〈大阪弁・関西弁〉〈名古屋弁〉 
  おいでやす  御出でやす  [感動詞]  〈大阪弁・関西弁〉〈京ことば〉 
  おいどん  吾共  [代名詞]  〈九州弁〉〈相撲取りことば〉
  おいら  俺等  [代名詞]  〈江戸ことば〉〈男ことば〉 
  おお  応/O(Oh)  [感動詞]  〈武士ことば〉〈男ことば〉〈片言〉 
  おおきに  大きに  [感動詞]  〈大阪弁・関西弁〉〈京ことば〉 
  おじゃる  お出やる  [動詞]  〈公家ことば〉 
  おす    [動詞]  〈京ことば〉〈舞妓ことば〉 
  おたく  お宅  [名詞・代名詞]  〈※〉 
  おっす(おす)  押忍  [感動詞]  〈若者ことば〉 
  おぬし  御主  [代名詞]  〈武士ことば〉〈老人語〉 
  おのれ  己  [代名詞・感動詞]  〈男ことば〉 
  おばあ  お婆  [名詞]  〈沖縄ことば〉 
  おひかえなすって  お控えなすって  [連語]  〈やくざことば〉 
  おほほ    [感動詞]  →「ほほほ」 
  おます    [動詞]  〈ことば〉 
  おまん  お前  [代名詞]  〈土佐弁〉〈ことば〉 
  おら    [代名詞]  〈田舎ことば〉 
  おる  居る  [動詞]  〈尾張ことば〉〈老人語〉 
  おれ  俺・儂  [代名詞]  〈男ことば〉 


か行 068
  かしら    [助詞]  〈お嬢様ことば〉〈奥様ことば〉 
  かたじけない  忝い  [連語]  〈武士ことば〉 
  がんす    [動詞]  〈田舎ことば〉 
  きさま  貴様  [代名詞]  〈男ことば〉 
  くう  食う  [動詞]  〈男ことば〉 
  くそ  糞  [名詞・接頭辞]  〈男ことば〉 
  くらう  食らう  [動詞]  〈男ことば〉 
  ごしゅじんさま  ご主人様  [名詞]  〈執事ことば〉〈メイドことば〉
  ごぜえます  御座えます  [動詞]  〈田舎ことば〉〈江戸ことば〉〈やくざことば〉 
  こと  事  [助詞]  〈お嬢様ことば〉〈奥様ことば〉 
  ごめん  御免  [名詞・感動詞]  〈武士ことば〉〈忍者ことば〉〈町人ことば〉 
  ごわす    [動詞]  〈九州弁〉〈相撲取りことば〉 
  ごんす    [動詞]  〈相撲取りことば〉〈田舎ことば〉 


さ行 092
  さ    [助詞]  〈男ことば〉〈少年語〉〈沖縄ことば〉〈田舎ことば〉 
  ざあます    [動詞]  〈奥様ことば〉 
  さよう  左様  [形容動詞・感動詞]  〈老人語〉〈武士ことば〉 
  さらば  然有  [副詞・接続詞・感動詞]  〈老人語〉〈武士ことば〉〈町人ことば〉 
  しっけい  失敬  [形容動詞・サ変動詞語幹]  〈書生語〉〈上司語〉 
  じぶん  自分  [名詞・代名詞]  〈軍隊語〉〈若者ことば〉〈大阪弁・関西弁〉 
  じゃ    [助動詞]  〈上方ことば〉〈老人語〉〈大阪弁・関西弁〉〈武士ことば〉〈王様・貴族語〉〈お姫様ことば〉 
  しょくん  諸君  [名詞]  〈書生語〉〈演説ことば〉〈上司語〉 
  すんまへん  済んまへん  [連語]  〈大阪弁・関西弁〉 
  ぜ    [終助詞]  〈男ことば〉〈江戸ことば〉〈やくざことば〉〈下町ことば〉 
  せっしゃ  拙者  [代名詞]  〈武士ことば〉〈忍者ことば〉 
  ぜよ    [助詞]  〈土佐弁〉 
  ぞ    [助詞]  〈権力者語〉〈武士ことば〉 
  それがし  某  [代名詞]  〈武士ことば〉 


た行 117
  だ    [助詞]  〈田舎ことば〉 
  だす    [助動詞]  〈大阪弁・関西弁〉〈京ことば〉 
  たまえ  給え  [動詞]  〈書生語〉〈上司語〉
  だんな・だんなさま  旦那(様)  [名詞]  〈江戸ことば〉〈上方ことば〉 
  ちゃう  違う  [動詞]  〈大阪弁・関西弁〉 
  つかわす    [動詞]  〈武士ことば〉〈王様・貴族語〉 
  っす    [助動詞]  〈田舎ことば〉〈若者ことば〉 
  て    [助詞]  〈お嬢様ことば〉〈女ことば〉 
  で    [終助詞]  〈大阪弁・関西弁〉 
  であります    [連語]  〈軍隊語〉 
  である    [連語]  〈演説ことば〉〈軍隊語〉 
  ですな    [連語]  〈おじさん語〉 
  でっか    [連語]  〈大阪弁・関西弁〉 
  てやんでえ    [感動詞]  〈江戸ことば〉〈下町ことば〉 
  と    [助詞]  〈九州弁〉 
  とる    [助動詞]  〈老人語〉〈博士語〉〈大阪弁・関西弁〉〈田舎ことば〉〈武士ことば〉 

な行 142 
  なんじ  汝  [代名詞]  〈老人語〉〈神様語〉 
  なんでやねん  何でやねん  [連語]  〈大阪弁・関西弁〉 
  ぬ    [助動詞]  〈武士ことば〉〈老人語〉〈博士語〉 
  ね    [助詞]  〈女ことば〉〈中国人語〉 
  ねん    [助詞]  〈大阪弁・関西弁〉 
  の    [助詞]  〈老人語〉〈博士語〉〈女ことば〉 
  のう    [助詞]  〈老人語〉〈田舎ことば〉
 
は行 156
  ばってん    [接続詞]  〈九州弁〉〈田舎ことば〉 
  はる    [助動詞]  〈京ことば〉〈大阪弁・関西弁〉
  べ    →「べえ」
  へい  Hey  [感動詞]  〈片言〉 
  へえ    [感動詞]  〈町人ことば〉〈田舎ことば〉 
  べえ    [助動詞]  〈田舎ことば〉 
  へん    [助動詞]  〈大阪弁・関西弁〉 
  ぼく    [代名詞]  〈書生語〉〈上司語〉〈男ことば〉〈少年ことば〉
  ぼちぼち    [副詞]  〈大阪弁・関西弁〉 
  ほほほ・おほほ    [感動詞]  〈お嬢様ことば〉〈奥様語〉
  ほんま  本真  [名詞・副詞]  〈大阪弁・関西弁〉 

ま行 176
  まあ    [感動詞]  〈女ことば〉 
  まいど  毎度  [副詞]  〈大阪弁・関西弁〉 
  まいる  参る  [動詞]  〈武士ことば〉 
  まじ    [形容動詞・副詞]  〈若者ことば〉〈芸人ことば〉 
  ませ  坐せ  [助動詞]  〈奥様ことば〉〈執事ことば〉〈メイドことば〉 
  まろ  麻呂・麿  [代名詞]  〈公家ことば〉 
  みども  身共  [代名詞]  〈武士ことば〉 
  もうかりまっか  儲かりまっか  [連語]  〈大阪弁・関西弁〉 
  もうす  申す  [動詞]  〈武士ことば〉〈老人語〉 


や行 189
  やがる    [助動詞]  〈男ことば〉〈江戸ことば〉〈やくざことば〉 
  よ(1)    [助詞]  〈女ことば〉 
  よ(2)    [助詞]  〈田舎ことば〉 
  よか  良か  [形容詞]  〈九州弁〉 
  よっしゃ  良っしゃ  [感動詞]  〈大阪弁・関西弁〉〈若者ことば〉 
  よろしい  宜しい  [形容詞]  〈ピジン〉〈片言〉〈アルヨことば〉
 

わ行 198
  わ    [助詞]  〈女ことば〉 
  わがはい  吾輩・我輩  [代名詞]  〈上司語〉〈博士語〉 
  わし  儂  [代名詞]  〈男ことば〉 
  わたくし  私  [代名詞]  〈奥様ことば〉〈お嬢様ことば〉〈やくざことば〉 
  わちき    [代名詞]  〈女ことば〉〈遊女ことば〉 
  わて    [代名詞]  〈大阪弁・関西弁〉 
  わらわ  私/妾  [代名詞]  〈女ことば〉〈お嬢様ことば〉 
  われ  我  [代名詞]  〈大阪弁・関西弁〉 
  われわれ  我々  [代名詞]  〈演説ことば〉〈宇宙人語〉 


ん 214
  ん    [助動詞]  〈大阪弁・関西弁〉〈田舎ことば〉〈書生語〉 
 

引用出典一覧 [216-234]
  エッセー・随筆
  絵本
  演説
  脚本
  狂言
  記録
  講談
  滑稽本
  古典
  洒落本
  小説
  新聞
  童話
  人情本
  俳諧・雑俳
  翻訳
  マンガ
  漫才
  読本
  落語
  和歌集
参考文献 [236-240]
役割語名索引 [241-243]
編著者・執筆者紹介 [244-245]





【メモランダム】

・マンガの例が多い。マンガ作品の抜粋も多め。

・まれに〈奥様語〉(p.171)という表記もあるが、基本的に〈奥様ことば〉という名称の方が多い。
 上記目次は各項目の解説文中の分類をそのまま書き写しているので、このようなぶれも反映している。

・基本的に[助詞]レベルで括っているが、「ぜ」(pp.108-110)、「で」(p.130)などでは[終助詞]として、より細かくラベリングされている。

・「おたく」の項目がある。この項目に対してはこれといった役割語の分類はなされていない。「おたく」自体は役割語ではないが、役割語に大きく関連する(最近の作品の消費層として、またはサブカルチャーの潮流に関係するアクターとして関連する)から立項された……のだろうか?

・〈京ことば〉としての「〜やす」は立項されていない。ただし「〜おす」(「ある」の丁寧語)は立項されてる。


・(追記)2016年以降、Vtuberが増えた。キャラ設定がマンガ的(方言使いもお嬢様も怪物もいる)なので、役割語を多用している。