contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『偶然を飼いならす――統計学と第二次科学革命』(Ian Hacking[著] 石原英樹, 重田園江[訳] 木鐸社 1999//1990)

原題:The taming of chance
著者:Ian Hacking(1936-)
訳者:石原英樹(1962-)
訳者:重田園江(1968-)

偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命

偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命


【目次】
謝辞 [iii]
凡例 [iv]
目次 [v-xi]


第1章 本書の概要 003

第2章 必然性の教義 018

第3章 アマチュアは公表し、官僚は隠匿する 026

第4章 統計局 041

第5章 理性の甘美な専制 052

第6章 病気の数量 069

第7章 科学の穀倉 080

第8章 自殺は一種の狂気である 092

第9章 立法の哲学の経験的基礎 105

第10章 信憑性がなく、詳細も分からず、統制を欠いた、価値のない事実 116

第11章 何対何を多数決とすべきか 125

第12章 大数の法則 138

第13章 兵士の胸囲 154

第14章 社会が犯罪を準備する 169

第15章 社会の天文学的概念化 184

第16章 社会の鉱物学的概念化 196

第17章 最も古い崇高さ 209

第18章 カッシーラのテーゼ 221

第19章 正常状態 237

第20章 宇宙的な諸力と同じくらいリアルな 252

第21章 統計法則の自律性 268

第22章 プロイセン統計からの一挿話 282

第23章 偶然の宇宙 298


巻末訳注 [324-326]
解説 [327-339]
  1. 科学思想史としての本書の位置づけ(重田園江) 328
  2. 社会統計学上の本書の位置づけ(石原英樹) 
事項索引 [340-342]
人名索引 [343-353]



【メモ】

webで読める書評・短評・言及。

隠岐

http://soki.free.fr/hacking.html

・太郎丸氏

http://sociology.jugem.jp/?eid=760

・内井氏

http://obaq.soup.io/post/1753495/