contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『山岳』(Martin F. Price[著] 渡辺悌二, 上野健一[訳] 丸善出版 2017//2015)

原題:Mountain: A Very Short Introduction (2015)
著者:Martin Francis Price 地理学、山岳研究。
訳者:渡辺 悌二[わたなべ・ていじ] (1959-) 地理学。
訳者:上野 健一[うえの・けんいち] (1963-) 気候学、気象学。
デザイン:AD・上條喬 D・竹谷洋平
シリーズ:サイエンス・パレット

山岳 (サイエンス・パレット)

山岳 (サイエンス・パレット)

【目次】
まえがき(M. F. Price) [i-iii]
目次 [v-vi]


1 問題提起――なぜ,山が問題なのか 001
  山の定義
  歴史的な視点
  地球規模で見た山の重要性


2 山は永遠のものではない 025
  「もろもろの山と丘とは低くせられ」(イザヤ書第40章)
  災害の多い景観
  山を採掘する


3 世界の給水塔 045
  山で水を収穫しよう
  水がもたらすエネルギー
  利益を共有し危険を回避するために


4 垂直の世界に生きる 059
  森林限界以上での暮らし
  山の森林
  谷底と農業
  山岳集落


5 多様性の宝庫 091
  生物多様性ホットスポット
  生物多様性がもたらす確かな利益
  山岳の文化


6 自然保護地域とツーリズム 107
  自然保護地域
  人と自然保護地域
  ツーリズムの主役としての山
  有益な影響と害のある影響


7 山岳域の気候変化 137
  気候変化の痕跡
  山岳気候の変化
  生態系への影響
  課題と挑戦
  不確実な将来のためのパートナーシップ


参考文献 [161-165]
図の出典 [167-168]
訳者あとがき(2017年6月 渡辺悌二・上野健一) [169-172]
索引 [173-176]




【メモランダム】
・帯にはヤーマン(ゆるキャラ的なもの)が居た。〈https://www.yamakei.co.jp/

・この本のテーマなら、ヤマケイ新書とサイエンス・パレットと岩波科学ライブラリーのどこから出版されても不自然ではなさそうだ。




【関連記事】
山岳信仰――日本文化の根底を探る』(鈴木正崇 中公新書 2015)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20190721/1563634800

M. H. Nicolson執筆の“Mountains (Literary Attitudes toward Mountains)”という項目。Dictionary of History of Ideas(邦訳は『西洋思想大事典』平凡社)より。17世紀のThomas Burnetの盛り上げた山巓論争まで載ってる。
https://sites.google.com/site/encyclopediaofideas/literature-and-the-arts/mountains-literary-attitudes-toward