contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『新版 土壌学の基礎――生成・機能・肥沃度・環境』(松中照夫 農山漁村文化協会 2018//2003)

著者:松中 照夫[まつなか・てるお] (1948-) 農学。土壌肥料学、草地学。
装丁:中濱 健治[なかはま・けんじ] デザイン。
シリーズ:農学基礎シリーズ
NDC:613.5 土壌、土壌学。


『新版 土壌学の基礎(農学基礎シリーズ)』松中照夫著 - 田舎の本屋さん



【目次】
はじめに(2018年8月 松中照夫) [001]
旧版「序」(2003年9月 岡島秀夫) [002]
旧版「はじめに」(2003年10月 著者) [003]
目次 [004-006]


第1章 地球の生命を支える土壌 007
1. 地球の中での土壌の位置 007

2. 土壌が地球に誕生するまで 007
  1 月には土壌がない 007
  2 地球の誕生と生命のはじまり 008
  3 生物が土壌をつくった 008

3. 生命を支える土壌の機能 009
  1 陸上の植物を育てる機能(生産機能) 009
  2 水を保持する機能(保水機能) 010
  3 有機物や化学物質を分解し浄化する機能(分解浄化機能) 010

4. 地球環境の保全と土壌の役割 011
  1 土壌が支える地域環境 011
  2 「社会的共通資本」としての土壌 011


第2章 土壌は「環境の産物」 012
1. いろいろな土壌――土壌と土壌物質のちがい 012

2. 土壌の認識と土壌観の確立 012

3. 岩石から土壌へ――土壌とはなにか 013
  1 風化作用 13
  2 土壌生成作用 14
  3 土壌の定義 14

4. 環境がつくる土壌 014

5. 成帯性土壌と成帯内性土壌 015

6. いろいろな土壌生成作用 015
  1 高緯度の土壌――有機物蓄積型 16
  2 低緯度の土壌――有機物消耗型 17
  3 中緯度草原地域の有機物蓄積土壌――チェルノーゼム 17
  4 ポドゾル化作用 17
  5 塩類集積作用 18
  6 鉄アルミナ富化作用 19

7. 土層の分化 020
  1 土層とは 20
  2 A層およびE層 20
  3 B層とC層 21
  4 例外的な土層分化――火山放出物を母材とする土壌 21

8. 土壌断面が語る水分環境 022
  1 鉄の斑紋 22
  2 グライ層 22

9. 土層分化の発達と時間 022

10. 世界の土壌 023
  1 世界共通の土壌分類のむずかしさ 23
  2 ドクチャーエフの土壌分類体系 24
  3 アメリの包括的土壌分類体系――ソイルタクソノミー 24
  4 世界の土壌分布 24

11. 日本の土壌 026
  1 わが国の土壌分類 26
  2 主要土壌の特徴 28
  3 わが国の農耕地における土壌分布 28


第3章 有機物が土壌をつくる 030
1. 土壌を完成させるもの 030

2. 土壌有機物は炭素循環で決まる 030
  1 土壌の有機物収支は環境が左右 30
  2 地球規模の炭素循環と土壌有機物 30
  3 耕地規模での炭素循環 34
  4 土壌水分環境,気温のちがいと土壌有機物の蓄積量 35

3. 土壌有機物,腐植,腐植物質――その意味のちがい 033
  1 土壌有機物 33
  2 非腐植物質 34
  3 腐植物質 34

4. 土壌有機物の働き 035


第4章 「土は生きている」 036
1. 土は生き物か? 036

2. 土壌と有機物をつなぐ土壌生物 036

3. 土壌に生息する生物の種類と数 037
  1 土壌動物 37
  2 土壌微生物 37
   (1) 分類と生息数,量
   (2) 細菌
   (3) 放線菌
   (4) 糸状菌
   (5) 藻類
  3 土壌動物と土壌微生物の関係 39

4. 土壌動物の働き 040
  1 粗大有機物の粉砕 40
  2 有機物の土壌中への引きずり込み 40
  3 ミミズによる土壌改良効果 41

5. 土壌微生物の働き 041
  1 有機物の無機化 41
  2 土壌酵素による有機物の分解と無機化 42
  3 有害有機物の分解と浄化 42
  4 植物との共生関係 43
   (1) 共生的窒素固定菌
   (2) 菌根菌
  5 エンドファイト 44 


第5章 土壌の骨格とそれを決めるもの 045
1. 土壌の三相――固相,液相,気相 045

2. 土壌の容積重 045
  1 容積重とは 45
  2 容積重は土壌でちがう 46

3. 三相分布と土壌の重量,有機物含量との関係 046
  1 容積重の軽い土壌は固相率が低い 46
  2 有機物含量が高い土壌は固相率が低い 46

4. 土壌粒子の大きさと液相―― 三相分布の適度なバランス 047

5. 土壌粒子の大きさとのちがいと土壌の性質――土性と土性による土壌分類 047
  1 土壌の可塑性・粘着性 47
  2 粒径と土性 48
  3 粒径区分と反応特性 48
   (1) 砂
   (2) シルト(微砂)
   (3) 粘土
  4 土性による土壌分類 49

6. 土壌の性質を支配する粘土の働き 049
  1 粘土と比表面積 49
  2 粒子相互の調和 50

7. 粘土と粘土鉱物 050

8. 粘土鉱物の種類 051
  1 層状ケイ酸塩粘土鉱物 51
   (1) 2:1型粘土鉱物
   (2) 2:1:1型粘土鉱物
   (3) 1:1型粘土鉱物
  2 明確な結晶構造をもたない粘土鉱物 52
  3 鉄,アルミニウムの酸化物・水和酸化物 53
9. 粘土鉱物の生成と環境 053


第6章 土壌の水と空気 055
1. 土壌の保水と排水の仕組み 055
  1 重量タオルの力くらべ 55
  2 表面張力と毛細管現象 56
  3 水分保持力と土壌の粒径 56

2. 土壌の構造と孔隙 057
  1 粒団,団粒の形成と有機物 57
  2 土壌の構造と水分保持 58

3. 土壌の水分保持力 058
  1 水圧と水柱高 58
  2 土壌水分張力とpF 59

4. 土壌水分の分類 060
  1 土壌が加湿状態のとき 60
  2 土壌水分が適度なとき 60
  3 土壌が乾燥したとき 61
  4 植物の利用できない水 61

5. 土壌による有効水分量の違い 061
  1 有効水分量の土壌間差 61
  2 pF値に対応する水分率の土壌間差 62
  3 土性と有効水分量との関係 62

6. 土壌空気 063
  1 土壌空気の特徴とガス交換の仕組み 63
  2 土壌空気と作物生育 63


第7章 土壌の温度(地温)とその影響 065
1. 地温の重要性 065
  1 気温や地温は作物の育成に大きく影響 65
  2 土壌養分への影響 65
  3 作物への影響 65

2. 地温に影響をおよぼす各種要因 066
  1 大気の状態 66
  2 緯度と土地の傾斜 67
  3 土壌表面への植物の被膜 67
  4 土壌の性質 68

3. 土壌中での熱の伝わり方と保温の仕組み 068
  1 熱伝導率と土壌 68
  2 土壌の保温と水 69
  3 植物による被膜と水 69

4. 地温の変動 070
  1 日変化 70
  2 季節変化 71


第8章 土壌が養分を保持する機能 072
1. イオン交換現象の発見 072
  1 トンプソンとスペンスの実験 72
  2 ハクスタブルの実験 73
  3 ウエイ【J. T. Way】の実験 73

2. イオンとは 075

3. スペンスの実験の化学 075

4. 土壌の養分保持能の作物生産にとっての意義 076

5. 土壌の養分保持能の担い手 077
  1 土壌の負電荷の担い手 77
   (1) 粘土の構造変化に基づく荷電
   (2) 粘土鉱物の結晶端末にできる荷電
   (3) 土壌の腐植が持つ荷電
  2 土壌の正電荷の担い手 79
   (1) アルミナ8面体層の端末にできる正荷電
   (2) 鉄およびアルミニウムの酸化物が持つ正荷電
   (3) 腐植が持つ正荷電

6. 交換性陽イオン陽イオン交換容量(CEC) 080
  1 交換性陽イオン 80
  2 陽イオン交換容量 81
  3 塩基飽和度 82

7. 陰イオン交換容量(AEC) 083

8. 土壌の養分保持能と土壌水分条件やpHとの関係 084


第9章 土壌の酸性化と作物生育 085
1. 水素イオン濃度 085
  1 pHの意味 
  2 常識的感覚とちがう―― pHで1のちがいは濃度で10倍のちがい 

2. 土壌のpH 086
  1 水で測定する土壌のpH ―― pH(H_2O) 86
  2 土壌のpHのもう1つの表示法―― pH(KCl) 86
  3 土壌のpHが測定法でちがう理由 87
  4 pH(KCl)のほうがpH(H_2O)より例外的に高まる土壌 90

3. 交換性アルミニウムと土壌の酸性 091
  1 交換性Alの発生の仕組み 91
  2 交換性Alによる酸性化 91

4. 交換酸度(y_1)と全酸度――大工原〔だいくばら〕酸度 092
  1 アルミニウムに由来する水素イオン(H+)と交換酸度 92
  2 土壌の酸性改良の指標としての全酸度 93
  3 黒ボク土の分類基準としての交換酸度(y_1)とその重要性 93

5. 酸やアルカリに対する土壌の反応―― pH緩衝能 094
  1 土壌は緩衝能をもっている 94
  2 pH緩衝能の土壌間差異 94
  3 土壌のpH緩衝能の仕組み 95
   (1) 陽イオン交換によるpH緩衝能
   (2) アルミニウム(Al)や鉄(Fe)の水酸化物によるpH緩衝能
   (3) 変異荷電の発生や消滅に基づくpH緩衝能
   (4) 土壌有機物に基づくpH緩衝能 145

6. 土壌の酸性化の原因 096
  1 雨による影響 97
   (1) 雨は天然の炭酸水
   (2) 雨による酸性化の仕組み
  2 酸性雨(雪)の影響 97
  3 化学肥料の影響 98
  4 特殊な事情による酸性化 98

7. 土壌の酸性と作物生育 099
  1 水素イオン濃度(H+)と作物育生 100
  2 アルミニウム,鉄,マンガンなどの過剰害 100
  3 リンの吸収低下 101
  4 カルシウムやマグネシウムなどの不足 101
  5 微量必須元素の欠乏 101
  6 微生物活性の低下 102
8. 作物の好適土壌pHと耐酸性 102

9. 作物にアルミニウム過剰障害が発生しやすい土壌 102

10. 酸性土壌の改良の方法 103
  1 改良目標のpHをどこに設定するか 103
  2 カルシウム資材などの施与 104
  3 リン資材の施与 105
  4 有機物の補給 105
  5 アルカリ性資材の過剰施与の害 105


第10章 土壌肥沃度と作物生産 106
1. 耕地の作物生産力と土壌 106

2. 土壌肥沃度とは 106

3. 土壌肥沃度維持の歴史的経過 107
  1 土壌肥沃度の維持は養分補給からはじまる 107
  2 輪作による土地肥沃度の維持 107

4. わが国の水田での土壌肥沃度の維持 110

5. 堆肥の施与効果 110
  1 そもそも堆肥とはなんであったのか 111
  2 堆肥の施与効果に対する考え方 111
  3 堆肥の施与によって期待される効果 111
   (1) 養分としての効果
   (2) 安定腐植としての効果
   (3) 生物の給源としての効果

6. 堆肥と化学肥料 113
  1 化学肥料への不安と堆肥への期待 113
  2 化学肥料だけしか使わない畑でのコムギの育生 113
  3 化学肥料だけしか使わない畑での土壌生物 115
  4 わが国での堆肥連用試験 117
  5 堆肥と化学肥料の共通点とちがい 117
  6 有機栽培と慣行栽培による作物の品質や栄養価のちがい 117
  7 堆肥と化学肥料の利点を生かす 118

7. 作物生産とって「よい土壌」とは 118
  1 「よい土壌」であるための4条件 119
  2 土壌の物理的性質を改善することのむずかしさ 120
  3 土壌の化学的性質は改善しやすい 120
  4 どのような土壌でも「よい土壌」になる 120


第11章 「作物の養分は何か」を求めて 121
1. 作物の養分とは何か 121
  1 ギリシャ哲学の時代 121
  2 へルモンドの実験――水が養分 123
  3 ウッドワードの実験――養分は無機物(灰分) 123
  4 シュプレンゲル――最初に無機栄養説,最小律を提唱 124
  5 土壌中の有機物自身が養分 125
  6 タルの理論――土壌粒子が養分 126

2. 有機栄養説と無機栄養説 126
  1 テーヤの有機栄養説 126
   (1) テーヤという人 185
   (2) テーヤの理論 185
  2 シュプレンゲル・リービヒの無機栄養説 127

3. 最近の無機栄養説批判 128
  1 有機態窒素の直接吸収 129
  2 有機態窒素の吸収能の作物による違い 130

4. 植物の養分は何か,その結論と未来 130


第12章 作物養分の土壌中での動き 131
1. 作物の生育になくてはならない養分とその条件 131
  1 必須元素の条件 131
  2 多量必須元素,微量必須元素,有益元素 131

2. 窒素 131
  1 窒素の働きと作物への影響 131
  2 窒素の供給と形態 134
   (1) 有機態窒素と無機態窒素
   (2) 大気から供給される窒素
  3 有機態窒素の無機化 134
  4 有機化と無機化の調整弁としてのC/N比 136
  5 気体に変化して大気へ逃げる窒素(脱窒作用) 139

3. リン 139
  1 リンの働きと作物への影響 139
  2 リンの供給と形態 140
  3 土壌によるリンの固定――リンの難溶性化 141
  4 土壌のリン固定能を決めるもの 141
  5 黒ボク土の種類のちがいとリン固定能 142
  6 活性アルミニウムの形態のちがいと土壌の可給態リンの関係 143
  7 酸性黒ボク土の酸性改良と施与リンの肥効改善との関係 144
  8 土壌溶液中のリン濃度の維持 146
  9 作物のリン吸収に対する適応 147
   (1) 拡散による土壌溶液中リン濃度の維持
   (2) 根張りによる根表面積の拡大
   (3) 菌根菌との共生
   (4) 難溶性リン可溶化物質の分泌
  10 土壌中のリン過剰蓄積問題 148

4. カリウム 148
  1 カリウムの働きと作物への影響 148
  2 カリウムの供給と形態 149
  3 作物のカリウム吸収を支えるカリウム形態 151
  4 カリウム供給源としての家畜ふん尿 150
  5 ふん尿の多量施与による土壌のカリウム蓄積 151
   (1) 低マグネシウム問題
   (2) 高カリウム,高窒素含有率の問題
   (3) その他の問題

5. カルシウム 154
  1 カルシウムの特徴 154
  2 植物による吸収とカリウムとの拮抗 154

6. マグネシウム 154
  1 マグネシウムの特徴 154
  2 植物による吸収とカリウムとの拮抗,補給 154

7. イオウ 155

8. 微量必須元素 155
  1 鉄 156
  2 マンガン 156
  3 亜鉛 156
  4 銅 156
  5 ホウ素 156
  6 モリブデン 157
  7 塩素 157
  8 ニッケル 157


第13章 作物生産に生かす土壌診断 158
1. 土壌診断の重要性 158

2. 正しい土壌診断のための留意点 158
  1 土壌の採集方法 158
   (1) サンプル採取は正確に
   (2) 正しい採取方法とは
   (3) 障害診断での採取法
  2 土壌の採取位置と下層土の観察 159
  3 分析値だけではわからない 160
  4 分析値の表示方法 161
   (1) 土壌重量と分析値の表示法
   (2) 元素表示と酸化物表示
  5 土壌診断の価値を高める圃場管理ファイル 162

3. 土壌診断基準値 163
  1 土壌診断基準値とその例 163
  2 窒素の基準値について 164

4. 土壌診断に基づく養分の補給方法 164
  1 基準収量と施肥標準量 164
  2 土壌診断に基づく施肥対応 165
  3 適正な施肥量の決定 165
  4 有機物施与にともなう減肥量 166


第14章 主な耕地土壌の特徴 167
1. 水田土壌 167
  1 人工土壌としての水田土壌 167
  2 湛水することの利点 167 
   (1) 水がイネの生育の制限因子にならない
   (2) かんがい水による養分供給
   (3) 塩類障害を受けにくい
   (4) 地温の調節がある程度できる
   (5) 連作が可能である
   (6) 貯水池としての機能による土壌浸食の防止
  3 還元状態が作る水田土壌の特徴 169
   (1) 独特の土層分化
      (1) 表面酸化層
      (2) 作土層
      (3) 酸化的下層土
   (2) 有機物の蓄積と窒素の有効化
   (3) 生物的窒素固定
   (4) リンの有効化
   (5) 土壌pHの変化
  4 還元化による障害 172
   (1) 脱窒現象
   (2) 鉄の溶脱と硫化水素の害
      (1) 老朽化水田と「秋落ち現象」
      (2) 「秋落ち現象」の原因
      (3) 「秋落ち現象」の防止対策
   (3) さまざまなイネの栄養障害
  5 味と多収をめざす 175

2. 畑土壌 175
  1 畑の立地条件と生産阻害要因 176
   (1)畑土壌の生産阻害要因の特徴
   (2)最近の養分過剰問題
  2 水田との水分条件のちがい 177
  3 畑土壌での有機物 177
  4 酸性化しやすい畑土壌 178
  5 自然からの養分補給の少なさ 179
  6 連作と畑土壌 179
  7 土壌侵食への対応 180

3. 露地野菜畑土壌 180
  1 露地野菜畑土壌とは 180
  2 堆肥条件に由来する問題点 181
  3 多回作付けによる問題点 181
  4 畑条件による問題点 182
  5 露地野菜畑土壌の改良対策 182

4. 施設土壌 183
  1 施設土壌とは 183
  2 降雨の遮断がつくる問題点 183
  3 多肥・集約栽培による問題点 183
  4 狭い空間と多肥栽培がつくる問題点 184
  5 施設土壌の改良対策 185

5. 草地土壌 186
  1 草地の立地条件 186
  2 草地土壌の特徴――水田,畑とのちがい 187
  3 草地の土壌肥沃度と家畜ふん尿 189
   (1)草地造成時の堆肥の施与効果
   (2)草地に施与する堆肥の腐熟度の意味
      (1) 完熟より未熟堆肥で多収
      (2) 腐熟度にこだわらなくてもよい理由
      (3) 腐熟化させることの利点
   (3)堆肥などからの養分流出を防ぐ

6. 樹園地土壌 191
  1 果樹園土壌 192
  2 茶園土壌 193


第15章 耕地に由来する環境汚染 194
1. 農業と環境問題 194

2. わが国での窒素循環 194
  1 食料自給率の変化 194
  2 わが国の食料生産,消費と窒素循環量 196
  3 わが国の伝統的養分循環とその破綻 197

3. 土壌の窒素環境容量 197
  1 窒素環境容量 197
  2 許容限界窒素量 197

4. 家畜ふん尿と窒素循環 198
  1 家畜ふん尿による耕地への窒素負荷量 198
  2 耕地から切り離された畜産 199
  3 飼育密度低下のための工夫とその限界 199
  4 堆肥の広域利用のための試み 200

5. 土壌から流出する窒素よる環境汚染 200
  1 水質汚濁 200
  2 大気汚染 202

6. 耕地土壌の地球温暖化へのかかわり 205
  1 なぜ地球に生命が存在できるのか 206
  2 地球温暖化と土壌 206
  3 土壌による温室効果ガスの発声と吸収 207


第16章 農薬や重金属による土壌汚染 209
1. 農薬による土壌汚染 209
  1 農薬とその功績 209
  2 農薬の安全性への不安 209
  3 過去の農薬による土壌汚染 210
  4 農薬やその他の化学合成物質と内分泌撹乱化学物質 211
  5 農薬の安全と安心 212

2. 重金属による土壌汚染 212
  1 重金属とは 212
  2 重金属汚染による被害 213
  3 重金属による土壌汚染の特徴 213
  4 土壌汚染防止法,土壌汚染対策法 214
  5 汚染除去対策 215

3. 放射性物質による土壌汚染 215
  1 福島第一原子力発電所事故による放射性物質の拡散 215
  2 農地土壌と農作物の放射性物質による汚染 216
  3 土壌に選択的に強く保持されるセシウム 217
  4 セシウム固定能の土壌間差 218
  5 農地での放射性セシウムの除染対策 219
  6 チェルノブイリと福島の教訓からなにを学ぶのか 220


第17章 持続的食料生産と土壌保全 221
1. 古代文明崩壊からの教訓 221
  1 土壌と文明 221
  2 肥沃な三日月地帯,メソポタミアの例 221
  3 エジプト・ナイル川流域の例 222
   (1) 自然を生かした土壌肥沃度の維持
   (2) 通年かんがいへの転機
   (3) ダムの功罪と自然の摂理
   (4) 生かされない教訓

2. 人口問題と土壌環境 224
  1 食料問題をとりまく現実 224
  2 人口爆発 225
  3 食料増産への化学肥料の役割 225
  4 食料増産の持続性への不安 227

3. 土壌劣化と発生要因 227
  1 不適切な土壌管理 228
  2 過放牧 228
  3 森林の消失 229

4. 土壌の塩類化 230

5. 土壌浸食 230
  1 土壌侵食の過去と現在 230
  2 自然侵食と加速侵食 232

6. 酸性雨がもたらす土壌劣化 233
  1 酸性雨とは 233
  2 酸性降下物による被害 234

7. 持続的食料生産への不安要因 235
  1 淡水資源 235
  2 エネルギー資源 236
  3 不安をこえて 236


参考・引用文献 [238-244]
索引 [245-247]




【メモランダム】

[NDL目次データベース]
国立国会図書館のすごさが伝わる。詳細目次を作成した先駆者がいたようだ。スキャン・OCRを活用しても・してなくても相当手間がかかったに違いない。ただし、旧版(2003年)の目次だけ。
https://rnavi.ndl.go.jp/mokuji_html/000004327133.html



[シリーズ一覧]

   農学基礎シリーズ
■「作物学の基礎1 食用作物」
■「作物学の基礎2 資源作物・飼料作物」
■「作物生産生理学の基礎」
■「園芸学の基礎」
■「野菜園芸学の基礎」
■「果樹園芸学の基礎
■「花卉園芸学の基礎」
■「植物病理学の基礎」
■「応用昆虫学の基礎」
■「土壌学の基礎」
■「草地学の基礎」
■「森林保護学の基礎」