contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『統一教会――日本宣教の戦略と韓日祝福』(櫻井義秀,中西尋子 北海道大学出版会 2010)

著者:櫻井 義秀[さくらい・よしひで] (1961-)
著者:中西 尋子[なかにし・ひろこ] (1964-)
NDC:169.21 その他の宗教.新興宗教(アジア)


http://hup.gr.jp/modules/zox/index.php?main_page=product_book_info&products_id=738


【目次】
はじめに [i-xvii]
  1 顕示的布教から正体を隠した勧誘へ 
  2 キャンパス内勧誘に揺れる大学 
  3 統一教会を研究する意義 
  4 本書の構成 
目次   [xix-xxvii]
執筆分担 [xxviii]


第 I 部 統一教会の宣教戦略

第一章 統一教会研究の方法 003
一 宗教研究の方法 003
  1 宗教概念と現実の宗教団体との乖離 
  2 宗教社会学の視点と統一教会分析の視座 
  3 信者の宗教行為と教義、及びその実践論 
二 統一教会に関わる学術的研究 010
  1 統一教会研究の難しさ 
  2 イギリスの宗教社会学 
  3 アメリカの宗教社会学 
  4 日本における統一教会の研究 
  5 宗教調査と教団との関係 


第二章 統一教会の教説 025
一 宗教的教えを見る視点 025
  1 教典宗教と実践宗教 
  2 『原理講論』と文鮮明 
二 『原理講論』に説かれた教説 033
  1 創造原理 
  2 堕落論 「創世記」の物語 
  3 不倫なる性関係としての堕落 
  4 復活のための諸前提 
  5 復帰摂理 
  6 摂理的同時性の時代 
  7 再臨論
三 『天聖経』に見る霊的世界 066
  1 『聖本』・『天聖経』 
四 統一教会の信仰実践 069
  1 祝福 
  2 万物復帰 
  3 統一教会の教説と東アジア文化 
五 統一教会の宗教文化に関する検討 073
  1 韓国の新宗教研究 
  2 統一教前史の明確化 
  3 福音のアジア的文脈化? 


第三章 統一教会の教団形成と宣教戦略 081
一 統一教会の宣教戦略を見る視点 081
  1 土着化に成功した宗教運動 
  2 社会問題化する宣教 
  3 資源動員論的視点 
二 統一教会の宣教戦略の展開 088
  1 日本統一教会の創設 
  2 資金調達の戦略 
  3 人的資源獲得の戦略 
  4 教勢の衰退と資金調達方法の変化 
  5 日本の統一教会が経済活動に専心するに至った要因 
  6 祝福家庭の子供達と統一教会 
三 民俗宗教を併呑する新宗教 103
  1 教祖カリスマの形成 
  2 資源導入される教団 
  3 呪的カリスマの形成 
  4 宗教家になりきれない霊能者 
  5 霊石愛好会から天地正教へ 
  6 擬装された儀礼 
  7 弥勒信仰に動員された人々 
  8 弥勒の郷造成計画と地域の反対 
  9 天地正教のその後 
  10 統一教会に試された北海道の宗教 


第四章 統一教会の事業戦略と組織構造 127
一 宣教戦略論と教団発達論 127
  1 グローバルな経営戦略論と統一教会 
  2 教団発達論の展開 
  3 発達モデルから経営モデルへ 
二 統一教会の宣教戦略と事業多角化 132
  1 統一教会の組織・活動 
  2 教団形成初期における資源の有無 
  3 宗教市場における競争力 
  4 多角化戦略の成果 
三 日本の統一教会の組織構造 137
  1 初期の事業多角化 
  2 事業組織と教会組織の複合体 
  3 地区組織の活動 
  4 地区教会の事業運営 
  5 教区・教域の運営
四 摂理とグローバルな経営戦略 153
  1 グローバル化戦略と組織の編成 
  2 摂理システムにおけるグローバル化戦略
  3 現在の教会活動 
五 統一教会とはいかなる宗教組織なのか 164
  1 教団成長モデル 
  2 統一教会は宗教組織か経済組織か 


第五章 日本と韓国における統一教会報道 169
一 統一教会とメディア 169
二 記事の比較方法 171
  1 比較の視点  
  2 『朝日新聞』と『朝鮮日報』 
  3 記事検索の方法 
三 『朝日新聞』・『朝鮮日報』に見られる統一教会報道 173
  1 日本での宣教開始から大学生・青年への伝道期―― I 期(一九五〇‐六〇年代) 
  2 政治領域への参入―― II期(一九七〇年代) 
  3 経済活動(霊感商法)の活発化――III期(一九八〇年代) 
  4 教勢の停滞・カルト問題化――IV(一九九〇年代) 
  5 最近の統一教会―― V期(二〇〇〇年以降) 
四 日本と韓国の統一教会報道の差異 190
  1 日本における統一教会報道 
  2 韓国における統一教会報道 
  3 宣教戦略の相違 


第II部 入信・回心・脱会

第六章 統一教会信者の入信・回心・脱会 197
一 研究の方法 197
  1 信仰の物語 
  2 脱会者の類型 
  3 裁判資料をテキストにする 
二 統一教会信者の入信・回心・脱会のパターン 202
  1 どういう人が信者になるのか 
  2 調査対象者の基本的属性 
  3 入信の経緯と信者のライフコース 
  4 イベントの時間的経緯 
三 統一教会特有の勧誘・教化 216
  1 正体を隠した勧誘 
  2 手相・姓名判断 
  3 ビデオセンター 
  4 ツーデーズセミナー 
  5 ライフトレーニング 
  6 フォーデーズセミナー 
  7 孝行を要求する神 
  8 セミナーの構造 
  9 新生トレーニング 
  10 信仰規律 
  11 実践トレーニング 
  12 演繹的思考と帰納的思考 
  13 伝道 
  14 信仰強化のメカニズム 
  15 マイクロによる訪問販売 
  16 神体験と限界突破 
  17 信仰が生まれるとき 
四 統一教会における霊界の実体化 274
四-一 霊能師になった信者 
  1 霊能師 
  2 霊能トーク 
  3 霊能師が現出する霊界 
  4 霊能師達の心情
四-二 清平の修練会 
  1 清平修錬苑 
  2 先祖解怨式 
  3 役事 
  4 病気治し
五 統一教会の祝福 301
  1 祝福の原理的意味 
  2 祝福の過程 
  3 祝福の教団組織上の機能 


第七章 統一教会信者の信仰史 319
一 元信者のライフヒストリー研究 319
  1 証言は事実を語るか 
  2 ナラティブ研究の新展開 
  3 研究者の立場性 
  4 筆者の立場性
二 青年信者 自己実現と改変された記憶のはざまで 326
  1 元信者A(女性)の事例 
  2 元信者B(女性)の事例 
三 学生信者 学生と統一教会 335
三-一 原理研究会の学生 
  1 原理研究会 
  2 元信者C(男性)の事例 
  3 元信者D(男性)の事例 
三-二 地区教会の学生信者 
  1 元信者E(女性)の事例
四 祝福を受けた信者 合同結婚式の理想と現実 361
  1 元信者F(女性)の事例 
  2 元信者G(女性)の事例
五 壮婦(主婦)の信者 家族との葛藤が信仰のバネに 369
  1 元信者H(女性)の事例 
  2 元信者I(女性)の事例
六 統一教会の教化方法の特徴 393
  1 思考の枠組みの転換と強化 
  2 献金と判断力 
  3 信仰生活・宗教行為と記憶


第III部 韓国に渡った女性信者

第八章 韓国社会と統一教会 403
一 問題の所在 403
  1 脱会信者と現役信者の対比 
  2 調査の経緯 
  3 韓国における統一教会研究 
二 韓国における統一教会 407
  1 日本と異なるあり方 
  2 宗教団体としての統一教会 
  3 団体・事業活動の側面 
  4 韓国における反統一教会運動 
  5 教勢 
  6 東南アジア出身の女性信者 
三 韓国農村の結婚難と統一教会 427
  1 韓国における男性の結婚難 
  2 急増する国際結婚と発生する諸問題 
  3 韓国人の結婚観と統一教会 
  4 祝福に対する意味づけ 
  5 韓日祝福・日韓祝福の始まり 
  6 農村部における布教の方法 
  7 統計資料に見る在韓日本人女性の数 
  8 布教戦略としての韓日祝福


第九章 在韓日本人信者の信仰生活 449
一 在韓日本人信者の入信・回心・合同結婚式への参加 449
  1 現役信者達 
  2 調査対象者の基本的属性 
  3 入信の経緯 
  4 合同結婚式への参加から家庭出発まで 
  5 現役信者の入信・回心・合同結婚式までのパターン 
二 祝福家庭の形成 461
  1 書類提出から祝福、家庭出発まで
  2 任地生活の役割
三 現役信者の信仰生活――A郡の信者を中心に 469
  1 A郡を事例にする理由 
  2 A郡に暮らす日本人女性信者の属性 
  3 日本人女性信者の信仰生活 
  4 特別な行事 
  5 家庭での信仰実践 
  6 日本での信仰生活と韓国での信仰生活 
四 日本人女性信者にとっての祝福家庭 490
  1 理想と現実 
  2 地上天国実現のための家庭生活 
  3 罪の清算としての生活 
  4 祝福と結婚生活の本質 
  5 信仰のない夫や舅姑との関係 
五 A郡・B市・ソウルの信者達 505
  1 三地域で出会った信者達 
  2 三地域における信者の差異 
  3 日本と異なる信仰のあり方 


第一〇章 『本郷人』に見る祝福家庭の理想と現実 515
一 『本郷人』に見る祝福家庭の様子と教団の意図 515
二 『本郷人』について 517
三 『本郷人』に掲載されている証し 519
四 証しから見えてくる祝福家庭の様子 521
  1 祝福家庭の様子 
  2 日韓祝福の男性信者 
  3 本郷人互助会の援助対象者 
  4 調査事例との比較 
五 統一教会的思考の枠組みの維持・強化に果たす『本郷人』の役割 530
  1 信仰強化のテキストとして 
  2 復帰摂理の着実な歩み 
  3 原理の再確認 
  4 証し、カウンセリング記事 
六 『本郷人』に見る韓日祝福家庭の姿と信仰強化のあり方 549


おわりに 553
  1 統一教会における信仰のリスク 
  2 韓国の祝福家庭 
  3 本書で明らかにしたこと 
  4 本書でふれていない統一教会の諸問題


参考文献 [563-574]
あとがき(二〇一〇年一月 櫻井義秀、中西尋子) [575-578]
初出一覧 [579-580]

巻末資料 [7-44]
  1 『朝日新聞』・『朝鮮日報』による統一教会関連記事見出し一覧(1955年-2007年) 8
  2  [脱会信者]被調査信者概要 30
  3  [現役信者]被調査信者概要 33
  4 『本郷人』の証しに見る祝福家庭の様子 35
索引 [1-6]