contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『[増補版]敗北を抱きしめて――第二次世界大戦後の日本人〈上・下〉』(John W. Dower[著] 三浦陽一,高杉忠明,田代泰子[訳] 岩波書店 2004//1999)

原題:Embracing Defeat: Japan in the Wake of World War II (1999, New Edition 2000)
著者:John W. Dower (1938-) 歴史学
訳者:三浦 陽一(1955-)[みうら・よういち] 日本現代史。
訳者:高杉 忠明(1952-)[たかすぎ・ただあき] 国際関係論。
訳者:田代 泰子(1944-)[たしろ・やすこ] 翻訳家。

敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人

敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人

敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人

敗北を抱きしめて 下 増補版―第二次大戦後の日本人


【目次】
献辞 [v]
増補版への序文(二〇〇三年十一月十九日) [vii-ix]
日本の読者へ(二〇〇一年二月一日) [xi-xviii]
凡例 [xix-xx]
謝辞 [xxi-xxiv]
目次 [xxv-xxix]
地図・日本帝国の拡大と崩壊 [xxx-xxxi]
上巻 写真・図版出典一覧 [xxxii]


序 001


第一部 勝者と敗者 015

第一章 破壊された人生 019
  美化された降伏/無条件降伏/数字で見る敗戦/帰国だ……たぶん/難民/軽蔑された旧軍人たち/汚名を着せられた犠牲者たち


第二章 天降る贈り物 061
  「上からの革命」/非軍事化と民主化/強制された改革


第二部 絶望を超えて 089

第三章 虚脱――疲労と絶望 091
  飢餓とタケノコ生活/堪え難きを堪え/絶望の社会学/子供の遊び/インフレと経済破壊


第四章 敗北の文化 135
  征服者への接待/「バタフライ」、「オンリー」、反抗する女たち/闇市の商売気質〔かたぎ〕/カストリ文化/デカダンスと正統性/「結婚生活」


第五章 言葉の架け橋 197
  敗北を嘲笑する/明るさ、リンゴ、英語/昔なじみの「新しさ」/出版ラッシュ/ベストセラーと死後の英雄/女性ヒーローと犠牲者


第三部 さまざまな革命 243

第六章 新植民地主義的革命 245
  植民地総督としての勝者たち/「猿人間」の評価を改める/専門家と従順な家畜


第七章 革命を抱きしめる 283
  最高司令官に身をよせて/知識人と悔恨共同体/草の根の参加/改革を制度化する/日常言語を民主化する


第八章 革命を実現する 327
  愛される共産主義者と急進化する労働者/「赤旗の海」/下からの革命を巻き戻す


上巻注 [357-379]



【下巻目次】
凡例 [v-vi]
目次 [vii-xi]
下巻 写真・図版出典一覧 [xii]


第四部 さまざまな民主主義 001

第九章 くさびを打ち込む――天皇制民主主義(一) 003
  心理戦と「天子」/君主を禊〔みそぎ〕する/書簡、写真、覚書

第一〇章 天から途中まで降りてくる――天皇制民主主義(二) 039
  傍観者となる/人間になる/ハサミで煙を切る


第一一章 責任を回避する――天皇制民主主義(三) 063
  退位に直面する/巡幸、そして「現人〔あらひと〕」/ある男の砕かれた神


第一二章 GHQが新しい国民憲章を起草する――憲法的民主主義(一) 099
  両性具有の生き物の性別変更/明治男の難題/新しい国家憲章への民衆のイニシアティヴ/SCAPが引き継ぐ/GHQの「憲法制定会議」/理想主義と文化帝国主義についての考察


第一三章 アメリカの草案を日本化する――憲法的民主主義(二) 135
  保守派の最後のチャンス/翻訳マラソン憲法草案を発表する/水は流れ、川は残る/民主主義を「日本化」する/戦争を放棄する……多分/既成事実に対応する


第一四章 新たなタブーを取り締まる――検閲民主主義 175
  幽霊官僚機構/容認されない表現/勝者を浄める/映画を検閲する/政治的左翼を抑える


第五部 さまざまな罪 229

第一五章 勝者の裁き、敗者の裁き 231
  厳しい裁き/ショーケース裁判――東京戦争犯罪法廷/東京とニュルンベルク/勝者の裁きとその批判/人種、力あるもの、力ないもの/敗者の裁き――名指し


第一六章 負けたとき、死者になんと言えばいいのか? 287
  英霊のための鎮魂曲/非合理性、科学、そして「敗戦の責任」/懺悔としての仏教とナショナリズムとしての懺悔/残虐行為への反応/犯罪者を忘れず、その罪を忘れる


第六部 さまざまな再建 337

第一七章 成長を設計する 339
  「オー、ミステーク!」/見える手(そして、見えない手)/最先端経済を計画する/予期せぬ展開と天佑紳助


エピローグ 遺産・幻影・希望 369


下巻注 [399-450]
増補版への訳者あとがき(二〇〇三年十二月 訳者を代表して 三浦陽一) [451-452]
訳者あとがき(二〇〇一年五月 訳者を代表して 三浦陽一) [453-455]

索引 [1-9]