contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『女性解放思想の歩み』(水田珠枝 岩波新書 1973)

著者:水田 珠枝[みずた・たまえ](1929-) 政治思想史。フェミニズム史。
NDC:367.8 男性・女性問題


女性解放思想の歩み - 岩波書店


【目次】
目次 [i-ii]


I 女性史は成立するか 001
  男性の歴史と女性の歴史
  女性史論争
  生活資料の生産と生命の生産
  家父長制
  近代社会と女性


II 男性の解放と女性の従属 021
  ルネサンス宗教改革
  性の解放と学問の解放
  家父長制の再編成と女性の従属
  絶対主義と啓蒙思想
  サロンの盛衰とカトリックの女性教育
  独立小生産者と家父長制
  ルソー的男性
  ルソー的女性
  ルソー的家族
  イギリス市民革命と女性
  紳士と淑女
  バークにおける「崇高」と「美」
  保守主義の家族観


III 女性解放思想の成立 069
  フランス革命と女性解放思想
  革命とサロン
  革命の中の女性たち
  産業革命と女性
  合理主義と女性
  ロマン主義と女性
  無政府主義と女性
  近代的自我の危機と女性


IV フェミニズムと反フェミニズム 115
  歪曲されたフェミニズム
  福音主義と女性――モア
  反動の思想と女性――ボナルドとメーストル
  空想的社会主義と女性――フーリエ
  空想的社会主義と女性――サン=シモン主義者
  反資本主義的思想と反フェミニズム――カベとプルードン
  功利主義と女性――ベンサムとジェイムズ・ミル
  協同組合と女性――トムスン


V 女性解放の論理と主体 153
  女性問題の多様性
  婦人参政権と女性
  教育の機会均等の要求と売春禁止運動
  マルクス主義と女性
  母性と女性
  ロシア革命ファシズム
  現代の女性解放思想


あとがき(一九七三年夏 水田珠枝) [203-206]
参考文献案内 [207-210]
  一 女性解放思想の古典 
  二 ルネサンスからフランス革命まで 
  三 十九世紀、二十世紀 
  四 現代