contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『ネットは社会を分断しない』(田中辰雄, 浜屋敏 角川新書 2019)

著者:田中 辰雄[たなか・たつお](1957-) 計量経済学
著者:浜屋 敏[はまや・さとし](1963-) 経営情報システム
NDC:007.3 情報と社会:情報政策


「ネットは社会を分断しない」 田中 辰雄[角川新書] - KADOKAWA


【目次】
目次 [007-013]
まえがき(2019年8月 田中辰雄・浜屋敏) [003-006]


第1章 ネットへの期待と幻滅――認識され始めた「分断」 015
  「ネットは社会を良くする」
  現在のネットに漂う絶望感
  分極化(polarization)とは何か
  実証研究――アメリカの場合
  日本の場合はどうなっているか
  分極化の問題点とは何か
  「集合知」の弱体化
  「ネット原因説」の登場
注 044


第2章 分断のネット原因説――選択的接触とパーソナルメディア化 047
  選択的接触とエコーチェンバー
  選択の自由の拡大が招いた閉鎖性
  デジタルマーケティングと選択的接触
  実証研究の紹介――アメリカ・日本の事例
  意見の穏健化を説明する「ホテリングのモデル」
  メディアの多様性の拡大が引き起こした分極化
  ネットメディアを利用する人の方が過激
  サイバーカスケード、そして自由と民主主義
  本書が提示する答え
注 082


第3章 本当にネットが原因なのか? その1――分断が起きているのはネットを使わない中高年 083
  分極化をどのように測るか
  年齢効果
  中高年先鋭化の事例
  アメリカでも先鋭化しているのは中高年
  「ネット原因説」との矛盾をどう解決するか
注 100


第4章 本当にネットが原因なのか? その2――ネットメディア利用の影響 103
  相関と因果の違い
  差の差分析(difference-in-difference)
  ネットメディアの利用は分極化に寄与するか
  政治的動機の除外
  年齢・性別ごとの検証
  一つだけ存在した分極化が進むケース
  ネットメディアの効果は穏健化が優勢
  選択的接触の話はどうなったのか
注 138


第5章 選択的接触の真実――賢明なネット世代 141
  保守・リベラルの一方だけの意見に接する人は5%以下
  論客のうち接する約4割は自分と逆の意見の持ち主
  クロス接触率4割をどう評価するか
  選択的接触はあくまで限定的
  年齢・性別ごとの検証
  選択的接触はマスメディアの場合の方が起きている
  ブログ・ネット雑誌読者の政治傾向
  紙雑誌の場合との比較
  予想と現実のズレはなぜ起きたか
  両側の意見を聞くと穏健化する
  ネット草創期の希望はまだ死んでいない
注 193


第6章 ネットで見える世論と真の世論――罵詈雑言を生む構造的問題 197
  なぜネットの議論は極端に見えるのか
  ネットでの議論の困難さ
  政治傾向の分布と表明される意見の分布のズレ
  ヘビーライターという存在
  書き込み数に見る意見の表れ方の歪み
  「目に触れる」という違い
  炎上事件から見えてくる「閲覧頻度」という要因
  萎縮効果
  ネットで見える世論の特性
注 232


あとがき――ネットの議論を良くするために [233-236]





【メモランダム】
・田中辰雄氏のシノドスへの寄稿(本書の要約)。
ネットは社会を分断しない――ネット草創期の人々の期待は実現しつつある/田中辰雄 - SYNODOS


辻大介氏による本書への真っ向からの反論。
「ネットは社会を分断しない」? ―― 楽観論を反駁する/辻大介 - SYNODOS