contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『ビジネス倫理の論じ方』(佐藤方宣[編] ナカニシヤ出版 2009)

編著者:佐藤 方宣[さとう・まさのぶ](1969-) 経済思想史
著者:高橋 聡[たかはし・さとし](1969-) ワルラス研究。
著者:中澤 信彦[なかざわ・のぶひこ](1968-) 18〜19世紀英国の経済学史・社会思想史、経済哲学・経済倫理学
著者:太子堂 正称[たいしどう・まさのり](1974-) 経済思想史ハイエク研究)。
著者:原谷 直樹(はらや・なおき)(1978-) 経済思想史
著者:板井 広明[いたい・ひろあき](1972-) 18~19世紀英国の社会経済思想(ベンサム功利主義、食の倫理、功利主義フェミニズム等)。
著者:中山 智香子[なかやま・ちかこ](1964-) 経済思想史
装幀:板井 広明
NDC:335.15 企業、経営


ビジネス倫理の論じ方 サポートページ。
ビジネス倫理の論じ方 - 株式会社ナカニシヤ出版


【目次】
目次 [i-vii]
凡例 [vii]


序章 倫理はなぜ/いかにビジネスの問題となるのか[佐藤方宣] 003
はじめに 003
  本書の問い
  ビジネスに倫理を!/ビジネスに倫理を?
1 なぜビジネスの倫理なのか 005
  政策・制度・法令を問う手前で
  「広義のビジネス倫理」への問い
2 ビジネス倫理をいかに問うのか 008
  “ビジネス・エシックス”興隆のなかで
  思想史的な視点から
3 ビジネス倫理を問うことの困難 010
  ビジネスの不道徳(immoral)と非道徳(amoral)
  フリードマン――資本主義“擁護”としてのビジネス倫理批判
  コント=スポンヴィル――資本主義“批判”としてのビジネス倫理批判
4 個別の問題系へ 016
  各章での論じ方


第1章 企業とビジネス――社会的責任はどう問われたか[佐藤方宣] 021
プロローグ 021
1 社会的責任をどう問うか――近年の日本における論議から 023
  社会的責任の過剰と減価
  「そもそも論」の立場――岩井法人論と岩田法人論
  「どうする論」の立場――奥村法人論とドーア法人論
  問いの出自への問いへ
2 社会的責任の出自へ 028
  「現在」をどこから問うか?
  社会的制度としての株式会社――バーリとミーンズ
  1920~1930年代アメリカのビジネス・エシックス
  専門職としてのビジネス――ドーナムの社会的責任論
  社会的責任の三つのタイプとは
3 社会的責任論の展開と揺り戻し 035
  バーリ・ドッド論争
  バーリの転回と社会的背景
  社会的責任からの揺り戻し――バーリとハイエク
  その後の大企業論の社会的責任論――ハイルブローナーのフリードマン批判
  「企業の政治化」へ
4 責任はどう問われるべきか 041
  出自と来歴を経たのちに
  責任の割り当てと中間組
  公共的討議と責任
エピローグ 044
注 046
ブックガイド 048


第2章 社会的企業――どこまで何を求めうるか[高橋聡] 051
プロローグ 053
1 社会的企業とは 054
  アメリカとヨーロッパの学説
  社会的経済(協同組合、共済、アソシエーション)
  社会的企業
2 市場の論理で語りうる領域 061
  ブキャナンのクラブ財理論
  ワルラスのプラン
3 市場の論理を支える領域 067
  信頼――顔の見える人間関係
  ソーシャル・キャピタル社会的企業
  連帯感――日常の社交
4 ソーシャル・キャピタルの両義性 074
エピローグ 078
注 079
ブックガイド 082


第3章 組織と仕事――誰のために働くのか[中澤信彦] 085
プロローグ 085
1 分業・公共財・フリーライダー 087
  分業のメリット
  分業のデメリット
  コミュニケーション不全と企業不祥事
  公共財
  フリーライダー
2 働くことの意味 093
  働くことへの多様なモチベーション
  ドストエフスキー死の家の記録
  マーク・トウェイントム・ソーヤーの冒険
  アイデンティティ
3 なぜ働くのか? 誰のために働くのか? 099
  幸福な人間関係
  他者からの承認
  誰のための仕事?
4 コミュニケーションの結節点としてのリーダー 103
  仕事の上位目的と下位目的
  組織リーダーの本来の役割
  リーダーではなくコミュニケーターあるいはファシリテーター
5 適正規模の組織 109
  適正規模の組織を作ることの重要性
  組織の適正規模に関するスミスの見解
6 フェア・プレイを重視する社会 112
  規制緩和とフェア・プレイ
  コンプライアンス経営とコミュニケーション
エピローグ 114
注 115
ブックガイド 116


第4章 競争と格差――何のために競うのか[太子堂正称] 119
プロローグ 119
1 「潰しあいとしての競争」を超えて 121
  勝ち組と負け組
  格差は何が問題か
  競争は卑怯?
  「潰しあい」の場としての競争
  「弱者」が「市場原理主義」の担い手となる
  個人主義と経済原理の奇妙なねじれ
  格差積極的肯定論
2 競争は「強者」のためのものか 131
  競争は人間にとって悪?
  「利己心」と「奢侈」の肯定
  「富裕の一般化」と「高賃金の経済論」
  限定付の格差の肯定
  競争とは相手を蹴落とすことか?
3 格差と自己意識 141
  格差の何が問題か
  格差と自己意識
  「成果主義」ははたして競争の原理か
  競争とは競争から「降りる」こと
エピローグ 148
注 151
ブックガイド 152


第5章 消費者主権――お客様は神様か[原谷直樹] 155
プロローグ 155
1 消費の望ましさとは 158
  消費の重要性
  消費者とビジネス倫理
  責任主体としての消費者
2 消費者主権という理念 162
  規範的理念としての消費者主権
  消費者主権は成立するのか?
  ガルブレイスの生産者主権論
  消費者運動と消費者の権利
  消費者政策における消費者の保護と自立
3 消費者主権を問い直す 170
  ハットの消費者主権論
  消費と投票のアナロジー
  消費者主権の規範性
  消費者主権と選択の自由
  消費者主権とパレート最適
4 消費者は神様なのか 177
  クレーマーの何が問題なのか?
  「お客様は神様」か?
エピローグ 180
注 182
ブックガイド 183


第6章 食と安全――何がどう問われるのか[板井広明] 185
プロローグ 185
1 現代における食の問題 187
  日本の食
  食の安全と安心
2 思想史における「安全」の問題 193
  安全=セキュリティー
  安全と公開性
  食料と監視のシステム
3 食の倫理――われわれは何を食べるべきか 199
  南北問題
  食の問われ方
  功利主義と食の倫理
  ヴィーガンの勧め?
エピローグ 210
注 212
ブックガイド 214


第7章 企業と国家――国境を越える責任とは[中山智香子] 217
プロローグ 217
1 経済思想史が示す国家の位置 221
  先駆者としてのドイツ歴史学
  新しい代表としてのアメリカと途上国
2 自由貿易を揺るがす倫理的・社会的責任? 226
  倫理的・社会的問題と「基準」の位置
  保護主義の仮面としての倫理性?
3 MINAMATAの事例 233
  社会的責任回避の構造
  グローバル世界におけるMINAMATAの意義
4 民営化再考 240
  水の商品化が示すもの
エピローグ 244

注 247
ブックガイド 248


参考文献 [251-268]
あとがき(二〇〇九年一月吉日 執筆者を代表して 佐藤方宣) [269-274]
索引 [276-282]
執筆者一覧 [283-284]




【関連記事】


『競争社会をこえて――ノー・コンテストの時代』(Alfie Kohn[著] 山本啓,真水康樹[訳] 法政大学出版局 1994//1992)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20131029/1504008529


『入門経済思想史――世俗の思想家たち』(Robert L. Heilbroner[著] 八木甫ほか[訳] ちくま学芸文庫 2001//1989)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20150301/1473335491


『福祉の経済思想家たち[増補改訂版]』(小峯敦[編] ナカニシヤ出版 2010//2007)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20150417/1473135816


『金融NPO ――新しいお金の流れをつくる』(藤井良広 岩波新書 2007)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20190609/1560006000


儀礼としての消費――財と消費の経済人類学』(Mary Douglas, Baron Isherwood[著] 浅田彰,佐和隆光[訳] 講談社学術文庫 2012//1984)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20121205/1354633200


『自由を耐え忍ぶ』(テッサ・モーリス=鈴木[著] 辛島理人[訳] NTT出版 2004)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20120817/1345129200