contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『「和食」って何?』(阿古真理 ちくまプリマー新書 2015)

著者:阿古真理[あこ・まり] (1968-) 作家、生活史研究家。
装幀:クラフト・エヴィング商會


【目次】
目次 [003-006]


プロローグ 007


第一章 「和食」の誕生 013
1 すしはファストフードだった――江戸時代まで 013
  一汁三菜の成立  懐石料理の特徴  ご飯はどのように食べられていたか  味噌と醤油  江戸の料理文化  にぎりずしの誕生
2 「今日もコロッケ」――明治維新がもたらしたもの 030
  肉食解禁  洋菓子はバタ臭いと嫌われた  和洋折衷料理  コロッケととんかつ/カレーライスの誕生  日本料理の洗練
3 憧れのハンバーガー ――敗戦後の大変革 048
  戦争と飢餓  インスタントラーメン誕生  ダイニングキッチンと中華料理  みんな大好き、コッペパン  ハンバーガー上陸


第二章 昭和育ちの食卓――私が食べてきたもの 069
1 ベースはすでに洋食 069
  主婦雑誌の全盛期  お母さんの洋食  野菜嫌いの子ども  お手伝いをしなかった世代  オーブンが家にやってきた  食品公害の時代
2 農村暮らしから引き継いだもの 088
  農山村の暮らし  収穫の秋  もちとお正月  山の恵みと田植え  人を迎えるお盆  一年間でまわす台所  家じゅうが食料保存庫
3 外食大好き 111
  家族で行く百貨店食堂  ファミレスができた  楽しいマクドナルド  イダ飯ブーム  エスニック料理の登場
4 メディアが描く食のかたち 127
  『オレンジページ』の革新  昭和育ちの世代論  加工食品の時代  料理メディアの和食  敬遠される出汁


第三章 和食の今と未来 147
1 和食の何が危機なのか 147
  遅れた国コンプレックス  発酵調味料と戦争  変わる家庭の台所  女性と料理
2 学校給食は進化する 162
  学校給食の歴史  迷走する献立  理想の給食
3 家庭科の役制 175
  家庭科と女子  ご飯と味噌汁  現在の家庭科教科書  料理する男子  弁当の力


エビローグ 変わり続ける和食 193
  地産地消の取り組み  現在の和食


おわりに(阿古真理) [203-206]