contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『現代経済思想――サムエルソンからクルーグマンまで』(根井雅弘[編] ミネルヴァ書房 2011)

編者:根井 雅弘[ねい・まさひろ](1962-) 経済思想史
NDC:331.2 経済思想史、経済学説史。


http://www.minervashobo.co.jp/book/b86885.html


【目次】
はじめに(2011年1月7日 根井雅弘) [i-ii]
目次 [iii-vii]


第1章 ポール・A・サムエルソン──王者の折衷主義〔中村隆之〕 001
1  経済学者サムエルソンの誕生──ハーバードと三つの革命 002
2  『経済分析の基礎』──比較静学という方法 005
3  新古典派総合──ケインズ新古典派の折衷 009
4  王者の折衷主義──左右の見解を配下に 013
5  サムエルソンが残した常識とその問題点 019


第2章 フリードリヒ・A・ハイエク──「忘れられた経済学者」から自由主義経済思想家へ〔楠 美佐子〕 022
1  自由主義経済思想家への道 023
2  貨幣的景気循環論──初期均衡状態からの説明 024
3  貨幣的景気循環論──初期不均衡状態からの説明 028
4  理論経済学研究から自生的秩序論の社会哲学研究へ──ハイエクの「転換」 031
5  自生的秩序論と後期ハイエクの経済学 034


第3章 ミルトン・フリードマンケインジアンとの闘いの末に得たもの〔廣瀬弘毅〕 039
1  自由主義経済学者の生涯 040
2  理論的業績 042
3  方法論争 048
4  自由主義 050


第4章 ジョン・K・ガルブレイス──ことばで現実を変革する偉大な名文家〔神野照敏〕 055
1  「最大」の「異端派経済学者」誕生 056
2  ガルブレイス経済学の特徴 059
3  ガルブレイスが見た新しい現実 065
4  『ゆたかな社会』以後 073


第5章 グンナー・ミュルダール──不平等に向き合う制度派経済学〔藤田菜々子〕 078
1  ケインズ以前のケインズ的政策 079
2  少子化への処方箋 082
3  豊かな国と貧しい国 085
4  福祉世界という理想 089
5  経済学者とは何者か 092


第6章 ミハウ・カレツキ──ポスト・ケインズ派経済学の源泉〔山本英司〕 095
1  「ケインズ革命」の先行者 096
2  カレツキの資本主義経済論と現代 103
3  ポスト・ケインズ派経済学 106


第7章 ジョン・ナッシュ──ゲーム理論の可能性の中心〔寺尾 建〕 110
1  ビューティフル・マインド 111
2  協力ゲーム──ノイマン=モルゲンシュテルン・プログラム 116
3  非協力ゲーム──ナッシュ・プログラム 120
4  ゲーム理論──その可能性の中心 126


第8章 ロバート・E・ルーカス,Jr. ──厳密性の回復に努めた理論家〔横田宏治〕 130
1  合理的な将来予測とは 131
2  経済学における合理的期待 140
3  景気変動の源泉を求めて 145


第9章 ネルソンとウィンター ──時間と知識に関する進化経済学の挑戦〔江頭 進〕 149
1  2人の略歴 151
2  『経済変動の進化理論』の概略 153
3  進化経済学のその後 161
4  進化経済学の今後の可能性 163


第10章 アマルティア・セン──平等とは何か,何の平等が重要であるのか〔荒川章義〕 165
1  社会的選択論の研究へ 166
2  センの一般可能性定理とパレート的リベラルの不可能性定理 169
3  潜在能力アプローチ 173
4  経済開発と飢饉 177


第11章 都留重人──理想を追い求めた科学的ヒューマニスト〔神野照敏〕 183
1  国際人・都留重人の誕生 184
2  新しい政治経済学を求めて 187
3  福祉と環境の政治経済学 194
4  体制変革の展望 201


第12章 森嶋通夫── 一般均衡論を動学化する〔荒川章義〕 207
1  研究への道 208
2  産業連関分析からノイマン・モデルへ 212
3  経済学史の研究へ 220


第13章 J・E・スティグリッツ──「情報パラダイム」の開拓〔中村隆之〕 227
1  失業・貧困・差別を分析できる経済学を目指して 228
2  新しい金融論──信用と情報の経済学 223
3  市場原理主義との闘い──政策実務の経験を経て 240
4  「情報の経済学」は資本主義の本質を問う 245


第14章 N・グレゴリー・マンキュー ──輪廻転生のケインズ経済学〔寺尾 建〕 249
1 ゼネラリストの経済学者 250
2 マクロ経済学のミクロ的基礎付け 254
3 ニュー・ケインジアンマクロ経済学 259
4 マクロ経済学とは何か──そのゆくえ 266


第15章 ポール・クルーグマン──市場と政府の狭間で〔服部茂幸〕 271
1 収穫逓増と新しい貿易理論 272
2 通貨危機の理論と東アジア通貨危機 277
3 1990年代の日銀批判とサブプライム金融危機 279
4 ブッシュ政権批判 282
5 市場支持のケインズ主義 287


人名索引 [289-290]
事項索引 [291-296]