contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『朝鮮人BC級戦犯の記録』(内海愛子 岩波現代文庫 2015//1982)

著者:内海 愛子[うつみ・あいこ](1941-) 歴史社会学。マイノリティ研究、日本アジア関係論。
件名:太平洋戦争(1941-1945)--捕虜
件名:戦争犯罪人
件名:朝鮮人
NDLC:A191
NDC:329.67 法律 >> 国際法 >> 戦時国際法.戦争法 >> 戦争犯罪.国際軍事裁判所
備考:1982年に刊行された単行本(勁草書房)を加筆修正し文庫化したもの。なお単行本は2003年からはオンデマンド版扱いに。
備考:韓国語版『조선인 BC급 전범, 해방되지 못한 영혼』(이호경[옮김], 동아시아)が2007年に刊行。


朝鮮人BC級戦犯の記録 - 岩波書店


【目次】
はじめに(一九八二年五月三日) [iii-xiv]
地図 [xv-xvi]
凡例 [xvii]
目次 [xix-xxi]


I 俘虜収容所の監視要員として 001
1 タイ俘虜収容所──死の泰緬鉄道 001
  初めて見る白人
  ジャングルの奥地へ
  悲惨な俘虜たち
  泰緬の奴隷たち
  命令と俘虜の間で
  ジャングルの中から徴兵
  首実験

2 マレー俘虜収容所──石油基地パレンバン 029
  シンガポール上陸
  飛行場の建設
  道端の草まで枯れ
  1日400グラム
  誰の命令か
  中部スマトラ横断鉄道
  軍用道路の建設

3 ジャワ俘虜収容所──“地上天国”のなかの地獄 055
  カボチャとトウガン
  豚汁とゼンザイ班長
  朝鮮人軍属とインドネシア兵補
  女だけのキャンプ
  慢性的な飢餓
  バンブー・モリと共に
  無駄だった飛行場
  死の航海
  敗戦そして逮捕


II 朝鮮人軍属と俘虜収容所 101
1 なぜ朝鮮人が監視要員になったのか 101
  戦陣訓
  「博愛の心をもって取扱うべし」
  思想的効果をねらって
  “歓喜する群集”

2 俘虜収容所の機構と実態 119
  情報局の設置
  俘虜管理部の設置
  収容所の設置

3 志願か徴用か 130
  紛失した書類
  うれしかった合格通
  軍人勅論と戦陣訓
  皇国臣民への道
  

III 戦争犯罪裁判と朝鮮人軍属 153
1 戦争犯罪とは何か 153
  さまざまな八・一五
  戦争犯罪とは何か
  英国の戦犯定義

2 李鶴来さんの場合──シンガポールのオーストラリア法廷 174
  却下された起訴状
  再び起訴されて
  死刑囚として

3 兪東祚・鄭殷錫さんの場合──シンガポールの英国法廷 196
  日本人との確執
  アジア人の血を吸って生きる
  刑務所のなかで

4 崔善燁さんの場合──バタビアのオランダ(蘭印)法廷 207
  全員が戦犯に!
  四三人のうち一九人が朝鮮人
  フローレス
  反植民地闘争と戦争裁判
  オランダの戦犯定義


IV 戦争責任と戦後責任 231
1 サンフランシスコ平和条約朝鮮人戦犯 231
  初めての日本
  A級戦犯釈放と再軍備のなかで
  戦犯は釈放せず
  「日本国民」とは
  怒りを法廷へ
  GHQとの折衝
  最高裁
  「日本国民として」
  朝鮮人と日本人

2 生活との闘い 271
  巣鴨を出る
  孤独な療養生活

3 未済の戦争責任 282
  補償からの排除
  韓国出身戦犯者同進会
  国家補償を要求
  「日韓条約で解決ずみ」
  再び国会へ
  「金はビタ一文出せません」
  未済の戦争責任


[付章]V 植民地責任への問いかけ 307
  同進会の結成
  俘虜たちの憎しみ
  国会請願へ
  「条理」裁判にかけた希望
  立法に夢をつないで
  韓国――強制動員の被害者として認定
  韓国の憲法裁判所に訴願


主な参考文献・資料一覧 [337-350]
あとがき(一九八二年三月一〇日 内海愛子) [351-354]
岩波現代文庫版あとがき(二〇一五年六月二五日 内海愛子) [355-361]
底本・表現について [362]
朝鮮人BC級戦犯関係年表 [1-14]